「焼け石に水」(^^ゞ 感想
気色悪いオッサンが、美少年と、その彼女(若い娘)、中年女性(元男性)を翻弄する話。私の好みの映画ではなかったのですが、色々な部分で笑わせてもらったり、驚かされたりしたので、印象に残る作品ではありました(^▽^)2つ☆半
00
途中でいきなり入る、かつてのお酒のCM「ジンロ」風に、4人によるサンバダンス(YOU-TUBEに貼られてました)や、マリック・ジディの子供みたいなサスペンダー付短パン姿には爆笑。
そもそもこの映画を見ようと思い立った理由っていうのが、先日「クララ・シューマン愛の協奏曲」を見て、マリック・ジディに興味が沸いたからなんです。で、まだ見ていなかった、お気に入りのオゾン監督のこの作品に彼も主演してると知って、見るしかないでしょう!?と、速攻で見たんです。

で、見た感想は?というと、マジディ君は若いっ!!シューマンの時と違って、美少年ぶりが爆裂しております。なんというか雰囲気で言うとイタリアの宗教画に描かれている天使の子に近い感じ。

しかしながら、この映画の主役はなんと言っても、このちょい気持ち悪いオッサン(ベルナール・ジロドー)。
このオッサンがモテモテで、いいだけみんなを振り回してくれるんですわ。なんでこの人がそんなにモテるのか解りません。が、一つ思い浮かんだのが、子供の頃やっていた土曜ワイド劇場とかに出てた天知茂さん?あの人に近い中年の濃厚なエロ・フェロモンとでもいいましょうか(ホントすいません・・)が出てましたわ。
00

で、このオッサンの経歴を見たら、な、なんと!私のお気に入り映画に入っている「ヘカテ」 (1982)の主演の人だったではありませんか@@ あの時は逆にファムファタルな謎の中年美女に振り回される青年だったのにねw

で、マジディ君の彼女が、リュディヴィーヌ・サニエなんですが、ひょ~~っ♪ なんたる素晴らしい体!!痩せているのに、この大きく形の良い、たわわなおっぱい!!色白で柔らかそうな肌。そして顔が童顔で、声はかすれたちょっと低音と来てます!!
マジディ君もドアップになってもヒゲ跡とか無い・・。体も女性の様にしなやかで、いかつい処がまるでありません。なんていうか、凄い中性的なんですよ。この男女のカップルは凄いな・・・とホントに驚きましたよ。美しすぎて、裸で並んでいても、なまなましさが感じられないんです。

焼け石に水 (1999/仏)
Gouttes d'eau sur pierres brûlantes
Water Drops on Burning Rocks
監督 脚本 フランソワ・オゾン
原作 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
出演 ベルナール・ジロドー / マリック・ジディ / リュディヴィーヌ・サニエ / アンナ・トムソン
【2010/10/28 11:31】  コメント(4) | トラックバック(1) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「あの日、欲望の大地で」「モンスター」感想 | ホーム | 「クララ・シューマン 愛の協奏曲」感想>>
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2010/10/29 00:11   |  TOP ▲ |


真紅さん~ありがとうー(^○^)
後でそちらでコメントしまーす♪
レンタルは宅配DVDのところで(GEOで)発見したの!今は借りられちゃってたけど、見つかったので今度見てみます☆
ホントにありがとうねー。
latifa  【 編集】  URL |   2010/10/30 10:53   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは~w
またまたご無沙汰してしまいました。
この映画がアップされていて、凄くうれしい!!
それに、コメント入れたい作品がいっぱいアップされているし・・。
今日は、こちらにコメントさせてもらって、また出直しますね(笑)

オゾンの初期の作品で、latifaさんもおっしゃるように、突然ダンスが始まった時は、私も「あれ?」てなもんでしたよ^^;
そしてオゾンらしく、あちこちに毒のあるエスプリが効いていて、う~~む、私好みです♪
まさか、「クララ・・」のマリック君から、この作品に辿り着くとは!!?
凄いな、latifaさん~!
それから、ジロドーから天知茂を連想するとは、これもlatifaさん、凄い!!(*^^)v
オゾンは、ここから「まぼろし」とか「スイミング・プール」と、やや難解で高尚なテイストに行っちゃたけど、私は、この映画が一番好きです~~^^;
みぬぅ  【 編集】  URL |   2010/11/25 22:55   |  TOP ▲ |


みぬぅさん、こんにちは!
記事のお引っ越し、日々進んでいますね^^
映画の記事へのコメントとかTBとかは、あえて控えさせてもらっているのだけれど・・・
全て完了してから、書き込みさせて頂こうかな?って。
なんか引っ越し最中、コメントとかTBとか送ると、色々混乱しそうかな・・っとか思って・・。
フランス映画といえば、みぬぅさん!シャンソニア劇場とか・・・、私のは、こんな感想だから、ちょっと心苦しくてね・・・

で、この映画!
さっすが、みぬぅさんも前にご覧になられていたのねー☆
みぬぅさん好みだったのね?^^

> まさか、「クララ・・」のマリック君から、この作品に辿り着くとは!!?
え~そうなのかな? 逆に今まで私が彼を知らなかったのが遅れてたんですよー。
もっと早く知っておいて(この作品から知って)その後に、クララ~という順番に見たかったなあ・・・。

> それから、ジロドーから天知茂を連想するとは、これもlatifaさん、凄い!!(*^^)v
ふははは、すんません・・・ヘ(^c^)/ 

> オゾンは、ここから「まぼろし」とか「スイミング・プール」と、やや難解で高尚なテイストに行っちゃたけど、私は、この映画が一番好きです~~^^;
そうなんだー!
私はオゾン監督って、僕を葬むる?だっけ?あれから入って、その後スイミングとかまぼろし・・を見て、最後の方に、この作品って風に、逆の順番に見ちゃったの。
普通の時間の流れで、オゾン監督の作品をその時代、その時代で見て行きたかったなぁ~~~
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/26 10:02   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/932-81b4937f

焼け石に水
ひでの徒然『映画』日記 (2010/10/28 16:32)
Comment: 4人の男女が繰り広げる室内愛憎劇。 フランソワ・オゾン監督の長編初期作品です。若くして亡くなったドイツの映画監督で脚本家で...


| ホームTOP ▲ |