フランソワ・オゾン初期作品「海をみる」「サマードレス」他
フランソワ・オゾン監督の初期の作品を幾つか見ました。
00 00

「X2000」(1998)
とても短い映画 若い男が隣のアパートの部屋をのぞき込んでいるのを、中年の女性が見かけ、お風呂に入る。
特にこれと言って、、何かストーリーがあるというお話でもなかったような・・・(^^ゞ

ベッドタイム・ストーリーズ (1997)
2,3分位の短編が幾つか入っています。

海をみる (1996)
青い空、青い海、緑溢れるフランスの片田舎に、白くて可愛い南仏風のお家がある。そこに住む子持ちの若奥さん。旦那はパリに出張中。そこに黒髪で目つきの悪い何かうさんくさいバックパッカーの若い女性が、庭にテントを2,3日張らせて欲しいとやってくる。親切な奥さんは食事をごちそうしたり、フレンドリーに接するが、その女はトイレで大の後の水に、密かに彼女の歯ブラシをつけたりするほど、精神的に何かどす黒いものを抱えているようだ。
★以下ネタバレ 白文字で書いています★
ラスト、旦那が帰宅すると、若奥さんはテントの中で死体になっており、若い女は赤ちゃんをかっさらって船に乗ってどこかに行ってしまった・・・
 なにかねぇ、初期のオゾン作品って、S○○だらけなんですね・・どの作品も基本ゲイの・・だけど、この作品では、若奥さんが椅子で1人○したり、林の中で見知らぬオッサンと・・・ってシーンとかがあって、そればっかり・・って感じで、ちょっとなあ~ 
以上

サマードレス (1996)
開始早々、金髪のハンサムなジゴロ風の男がダンスしている。この手のダンスはオゾン作品では肝なのかな?(^^ゞ
ゲイカップルが夏の間バカンスを過ごしている様子。ちょっとうんざりした18才の男子は海へ1人で出かけ、そこで18才の女の子(18には見えない)からナンパされ、森の中で事に及ぶ。
★以下ネタバレ 白文字で書いています★
海に戻って見たら、服が盗まれてしまって、裸じゃ帰れない・・・そこで女の子は自分の着ていたブルーの柄物のワンピースを彼に貸してあげ、彼はその服を着て自転車に乗って部屋に戻る。最初しぶしぶだったのに、そのワンピの着心地が良かったのか気分上々、お部屋に戻ってからは、いつもと違った気分で彼と盛り上がるのだった。
次の日、律儀に彼女にワンピを戻しに行ったら、またナンドキ使う事があるかもしれないから、持ってていいよ☆って彼女はワンピをくれるのだった。
以上

小さな死 (1995)
姉が父の死に目に会いに行くように弟に言いに来た。彼はゲイで写真家、彼氏と2人で暮らしている。
赤ちゃんの時の写真を父からけなされた事がトラウマになっており、長年父とは疎遠だ。

アクション、ヴェリテ (1994)
こちらも非常に短い短編。中学生?4人の命令・告白ゲーム

とても短い短編もあったので、ちゃんとした映画になっていた作品は、サマードレスと海をみる、小さな死の3つかな。全体的にゲイや、S○○、についての話が多い印象・・・。
一番印象に残ったのは「海をみる」でした。何か起こるぞ、、とずっと見ていて怖く、大の映像は衝撃的だったな・・・。その他は、特に・・・(^^ゞ
【2011/01/12 16:17】  コメント(2) | トラックバック(0) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「霜花店(サンファジョム) 運命、その愛」感想 | ホーム | ネタバレ「シスタースマイル ドミニクの歌」>>
コメント

(*゜.゜)ホ・(*゜。゜)ホーーッ!!
オゾン監督の作品を片っ端から見てるんですね!
もう殆ど制覇したのでは?
前にも言ったかもだけどゲイやレズの話は
ロミオとジュリエットに似た感じで
精神的に切ない部分が描かれている究極の愛の人間ドラマ
って気がするんです。
何か障害があるなかで、突き進む姿を描いた作品は私好みなんですよね。
ゲイもレズも障害者や病気の人の話など・・・
オゾン監督は自らもゲイなんですよね?
彼の作品は興味あります。
短いのは大歓迎だけど あまりに内容がないと
latifaさんと同じような なんだかな・・って感じで
終わっちゃいますがねσ(^_^;)アセアセ...
今回のも含めlatifaさんのお勧めするオゾン監督の映画はなんですか?
この中では【サマードレス】に興味がわいたんだけど・・・
でもこれ見たことあるかもだな・・
単に似た作品なだけだったのかな?

監督別で映画を見てると、同じ監督でも
あたりハズレってありますよね??
latifaさんが『この監督の作品だけは!』 
って思える監督さんっています??
めぐ  【 編集】  URL |   2011/01/14 01:55   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは~!
オゾン監督の初期の作品、見せてもらえるチャンスがあったのです^^
それが、結構沢山の映画を撮られていて、まだまだ未見のが一杯あります・・

> 何か障害があるなかで、突き進む姿を描いた作品は私好みなんですよね。
> ゲイもレズも障害者や病気の人の話など・・・
私もです^^ 
若い頃から、レズとかゲイものに寛容というか、全然OK♪なんですよ。

> 今回のも含めlatifaさんのお勧めするオゾン監督の映画はなんですか?
シャーロット・ランプリングが出て来る、スイミング・プールと、まぼろしかな・・・^^

> この中では【サマードレス】に興味がわいたんだけど・・・
短いんですよ。もしかして、めぐさん、昔見た事あるのかもしれないね。
この映画に出て来る、その水色のドレスなんだけど、私が若い頃着ていたワンピースが、柄や色、質感とか(多分レーヨンなんじゃないかな?と推察。木綿かな・・?)が似ていて懐かしくなっちゃった。確かにこの手のワンピは夏にさらっと着ると、サラサラして気持ちが良いんだよな~って思い出して。

> 監督別で映画を見てると、同じ監督でも
> あたりハズレってありますよね??
あるある!!
逆に、苦手と思っていた監督でも、たまに当たるのもあったりするしね。

好きな監督さんは、日本なら、「ゆれる」の西川美和さんとか、次回作を楽しみにしている「運命じゃない人」の内田けんじ監督さんとか(「アフタースクール」は、もうちょっと・・だったんだけど、でも次回作に期待してるの)。海外なら、今思いついたのでは、ドイツのティクヴァ監督とか、韓国のキム・ギドク監督(最近いまいちなんだけど、でも毎回新作は楽しみにしてるの)あと、もう死んじゃったけど、ロシアのタルコフスキー監督とか・・
急に思い出せないけど、他にもいるはず^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/01/14 15:26   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/963-7805b712

| ホームTOP ▲ |