「ちょんまげぷりん」感想
面白かったです。4つ★半 安心して誰もが楽しく見れる映画!
00
私はタイムスリップものが基本大好きなんですよね。別の時代とのギャップにとまどう・・とかは、何度見ても楽しい題材です。今回は、江戸時代の侍と、現代に生きるシングルマザーとのお話。
小さい子供を持つ母が、定時で帰らなくちゃならない肩身の狭さとか、家事と仕事と子育てとで、一杯一杯になっちゃってる様子などは、解るわ~って思われる女性も多いのではないでしょうか。
そんな時、突然現れた錦戸亮演じるお侍さん。錦戸亮は、とってもこの役にハマってました。居候させてもらうのだから「奥向きの仕事」を引き受けます!と宣言し、お家の中の事もキッチリやってくれて、その上お菓子作りの才能もあって。で、テレビ東京のテレビチャンピオンみたいな番組に出演し

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
優勝して、有名菓子店からお誘いが・・。嬉しい反面、そんな仕事に就いたら、前の様な生活は出来ないよ・・・。あ~~どうなっちゃうんだろう・・ってドキドキ。ともや君が「こんなことなら、お菓子コンテストに出て!なんて言わなければ良かった!」って涙ながらに言うシーンには(T_T) 
結局また元の通り、家事をやってくれたり子供のお迎えをしてくれる人はいなくなった。一体この話、どうまとめるんだ?と思いきや、結局侍さんは元の世界に戻ってしまって、江戸時代に豆乳プリンを作り、有名和菓子屋さんを作っていた・・・その肖像の胸元にはプレゼントした携帯のストラップが!という風になってました。
家の中で母も父もバリバリ働いた場合、家事や子供の面倒は誰がどうやりくりするのが良いのか?解決策は?って一番私が見たかった部分が、すっとんでしまったのは残念でした。
以上

この映画を見ながら、前は普通の主婦だったけれど、何かの才能で有名人になった人にも当てはまるなあ・・・なんて思いながら見てました。お料理や、モデルとして活躍される方など・・様々な方面で結構いらっしゃいますよね。そういう方々も、仕事が忙しくなって行くにつれ、きっと家族との時間が取れなくなったり、仕事と家庭との板挟みで悩む事もあるんだろうなあ。夫や子供は、たとえ無名でも家のママってだけで良かったのに・・・って思う事もあったかもしれないなあ・・・とか考えてしまいました。

最近は、会社で働きたい!って性分じゃない人や、お家で家事や子育てに専念し、自分のペースで過ごしたいって人は、男女ともに少なくなって来ている感じも・・・。そういう性分の人と、外でバリバリ働ける人との組み合わせが家庭を築くという点では最良なんだけど・・・。でもね、外で働かないでお家で家事をする=楽が出来る(なまけられる)ってわけじゃないからなー。評価も褒められる事も無く、お給料無しで、休み無く家事をするって大変なんだけどね・・。

と、話を戻し。
錦戸君演じるやすべえさんという侍さんが、なかなか魅力的なんです。礼儀正しく、ぴしっと一本筋が入っている。忘れられている日本の心というか、武士道を感じさせられました。変にラブラブモードにならなかった処も好みでした♪

子役の鈴木福君って、サンゲツのCMで、白い可愛い犬と出てる子ですね。スレてる感じが無くて、すごく可愛かった!

ちょんまげぷりん (2010/日)
監督 脚本 中村義洋  原作 荒木源
出演 錦戸亮 / ともさかりえ / 鈴木福 / 今野浩喜 / 堀部圭亮 / 佐藤仁美 / 忽那汐里 / 中村有志 / 井上順

〔ストーリー〕シングルマザーの遊佐ひろ子は、一人息子・友也の子育てと仕事に追われる忙しい毎日を送っていた。そんなある日、180年前の江戸からやってきた本物のお侍・木島安兵衛と出会う。成り行きでしばらくひろ子の家に居候することになった安兵衛は、お礼に家事をすべて引き受けると宣言。初めはうさんくさいと感じていたひろ子であったが、安兵衛の誠実な人柄と筋の通った男らしさに触れ次第に心を改め、友也も安兵衛に父親といるような安心感を感じ、3人の間にはいつしか本当の家族のような絆が芽生え始める。そんな中、安兵衛は友也のためにつくったプリンをきっかけにお菓子づくりの才能を開花させ、ひょんなことからパティシエとしてその実力を認められてしまうことに。やがて3人の間に築かれた微妙なバランスが崩れ始め・・・。
【2011/02/17 16:44】  コメント(10) | トラックバック(9) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「私たちの生涯最高の瞬間」「残酷な出勤」感想 | ホーム | 「英国王のスピーチ」感想>>
コメント

予告編で「プリンはどうするんだよ」と見せておいて、それを江戸阜凛という形で見事なオチをつけたのが巧い映画でしたよね。
本当に江戸阜凛のレシピがほしい!
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2011/02/17 19:44   |  TOP ▲ |


大体武士が現代にいきなりいちゃってるってのがイイ!しょうがないよね、だってもうそこにいるんだもん。(笑)んじゃそこからどうすんの?って話がまた実に上手い展開だったなぁ。武士でありながら現代に馴染む姿は、普段なら余り武士姿が似合わないであろう錦戸君をしてピッタリの存在に仕立て上げてました^^
KLY  【 編集】  URL |   2011/02/17 20:13   |  TOP ▲ |


latifaさん、コンバンハ
これ、未見なんですが、公開当時から密かに見たいと思ってまして~(^^ゞ
このタイトルに惹かれて~
錦戸君も割と好きだし~
面白くてヨカッタヨカッタ!
あの男の子、素朴でカワイイよね(^o^)
映画の宣伝でテレビに出てた時、錦戸君の事(錦戸君の希望で)苗字呼び捨てにしてて笑ったよ~(≧▽≦)
tsurubara  【 編集】  URL |   2011/02/17 23:34   |  TOP ▲ |


latifaさん、おはようございます~。コメント&TBありがとうございました。
うわ、★4つ半! すんごい評価高し~、パチパチ(拍手)。
お侍さんとスウィーツっていう超ミスマッチが逆に面白かったね。
錦戸くん、もっと映画に出て欲しいな~って思いました。
今は山Pの映画が公開中で、ニノも生田斗真くんも岡田くんも主演作が控えているし、ジャニーズって凄いよね~。。
個人的には、一度外に出て働いたらもう専業主婦には戻れないな。。
やっぱり、外で働くって楽しいもん。毎日刺激があるしね。。もちろんお金ももらえるし♪
真紅  【 編集】  URL |   2011/02/18 08:40   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
実は、もう予告編の事を殆ど覚えてないという有様なんです・・・(^^ゞ
まさか、こんなに面白い映画だとは想像もしてなかったので、ほぼスルー状態だったんです。
江戸阜凛は、きっと当時、もの凄い人気になったでしょうね^^

latifa  【 編集】  URL |   2011/02/18 14:48   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
>武士が現代にいきなりいちゃってるってのがイイ!
ですね!!ちょっと固いところが、なんともカワイイやら、カッコイイやら。

>普段なら余り武士姿が似合わないであろう錦戸君を
彼が和服を着た処って今回初めて見たのですが、なかなか似合っていて、素敵でした。
私だけかもしれませんが、角度によって、キムタクに見える時があります。
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/18 14:50   |  TOP ▲ |


tsurubaraさん、こんにちはー!
えっ、そうなんですかー。それはちょっと意外^^
tsurubaraさんは、外国映画を主に見られている印象があったので、こういう軽めの邦画は
興味無いんじゃないかな?って思ってたのです。
タイトルがユニークですよね。
> 錦戸君も割と好きだし~
そうなんですか?!これまた、びっくり~!

> 映画の宣伝でテレビに出てた時、錦戸君の事(錦戸君の希望で)苗字呼び捨てにしてて笑ったよ~(≧▽≦)
私もその様子は、ニュースの芸能コーナーで見て、笑ってたの。でもその時は、まさかその映画を私が見る様になるとは思ってもいなかったのよ。(見る気無かったの)
それが、思いがけず見るに至り、こんな4つ☆半もつける映画になるとは!
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/18 15:01   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
そうなのよ~ 全く期待してなかった分、評価がぐーんと上がってしまった(^^ゞ
瞳の奥の秘密と逆パターンだわ。(あちらは期待し過ぎた為に点が辛口に。こちらは全くノーマークだったので、評価が上がってしまった・・)
私は別に嫌いってわけじゃないんだけど・・ジャニーズの人が主役・・・って聞くと、テンションが下がっちゃって、お金出してまでは見なくていいかあ・・・なんて思っちゃうんだけど、そんな風に切り捨てちゃ、イカンな~って本作見て思いました^-^

> 個人的には、一度外に出て働いたらもう専業主婦には戻れないな。。
> やっぱり、外で働くって楽しいもん。毎日刺激があるしね。。もちろんお金ももらえるし♪
そっかー。
私の友達は、お金が無いから(子供の教育費のために稼がねばならない)無理矢理働いてるだけで、お金があったら絶対働かないで、家にずっといたい!!って人がたくさんいるよ~。
それぞれの就いている仕事の種類にもよるのかもしれないね。
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/18 15:06   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは^^
タイプスリップものですが、なんだかホノボノとしていて、
ハート・ウォーミングな映画でした。
僕も主夫、できるかなぁ~なんて思ったりして(笑)
でも、ケーキは作るより食べる方が得意ですが(汗)?!

そうそう福クン、最近TVや映画で見かけると、
「お~、福クンだぁ~」って叫んで、かみさんに笑われています^^
cyaz  【 編集】  URL |   2011/02/22 17:41   |  TOP ▲ |


cyazさん、こちらにもありがとうございます☆
え~~いいなぁー!cyazさん、主夫、できそうですか^^ そういうタイプは今、引っ張りだこの人気男子ですよー。
そういえば、cyazさんは、愛妻家(というか仲良し夫婦)なイメージが勝手に私の中ではあります♪

> そうそう福クン、最近TVや映画で見かけると、
> 「お~、福クンだぁ~」って叫んで、かみさんに笑われています^^
私も家の中で言いたいな! この映画見たのって私だけで、誰も見てないんですよ。
あのサンゲツのCMは元々犬が可愛いっていうので我が家では注目のCMだったんですが、福君まで知った日には、私の中では、ものすごいCMに成り上がりました。
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/23 13:00   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/980-a1c3aa55

ちょんまげぷりん
LOVE Cinemas 調布 (2011/02/17 17:57)
荒木源の同名小説を映画化。180年前の江戸から現代にタイムスリップした侍と、そこで出逢った母子の交流を描いたハートフルなコメディドラマ。主演はNEWSの錦戸亮、共演にともさかりえ。監督は『ヘネラル・ルージュの凱旋』や『ゴールデン・スランバー』等ヒットメ...


『ちょんまげぷりん』
こねたみっくす (2011/02/17 19:45)
ひろ子殿、友也殿、木島安兵衛の江戸阜凛でござる。 人生はケーキほど甘くはござらんが、思うほど渋くもござらん。要は渋味と甘味をどう使い分けるか。子育てやお勤めに関しても ...


『ちょんまげぷりん』(2010)/日本
NiceOne!! (2011/02/18 08:32)
監督・脚本:中村義洋原作:荒木源出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順公式サイトはこちら。<Story>シングルマ...


侍パティシエ~『ちょんまげぷりん』
真紅のthinkingdays (2011/02/18 08:34)
 シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)は、保育園児の友也を抱え、仕事と 家事・育児の両立に孤軍奮闘の日々。そんなひろ子が出逢ったのは、江戸時 代からタイムスリップしてきたお侍さんだった・・・...


ちょんまげゾンビ
Akira's VOICE (2011/02/18 12:09)
「ゾンビランド」 「ちょんまげぷりん」 


ちょんまげぷりん
だらだら無気力ブログ (2011/02/20 00:33)
荒木源の同名小説を『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督が関ジャニ∞の 錦戸亮を主演に据えて映画化したハートフルコメディ。 遠い昔の江戸時代の侍が現代にタイムスリップしてしまい、ひょんなことから 知り合った母子のもとに居候しつつ、パティシエになってしまう…


『ちょんまげぷりん』
京の昼寝~♪ (2011/02/22 17:34)
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ちょんまげぷりん」□監督・脚本 中村義洋□原作 荒木 源□キャスト 錦戸 亮、ともさかりえ、鈴木 福、今野浩喜、佐藤仁美、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上 順 ■鑑賞日 8月1日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 


中村義洋監督 「ちょんまげぷりん」
映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 (2011/06/25 11:52)
伊坂幸太郎作品を映画化するとしたら、この人以外には考えられないと私が思っている監督、中村義洋氏の作品。 劇場公開時に観に行きたかったのですが、都合がつかずDVDでやっと鑑賞。 http://www.c-purin.jp/ 【あらすじ】 遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと...


ちょんまげぷりん
のほほん便り (2016/05/10 16:46)
気楽に見られる楽しいオハナシ、だと思ってたら、しっかり原作があったのですね。 江戸時代のお侍さんがタイムスリップしてきて、シングル・マザー宅に居候。天賦のお菓子作りの才を開花させる、って発想自体が斬新です。 突っ込みどころは満載だけど、ハートウォーミングな、コミック展開が素敵。 ほっこりした余韻も、エンディングの忌野清志郎の歌に至るまでヨカッタです。期待が薄かった分、思いが...


| ホームTOP ▲ |