「真夜中のカーボーイ」「帰郷」感想
アカデミー賞を受賞した映画2つ。両方に、アンジェリーナジョリーの父、ジョン・ヴォイトが主演してます。
00
「真夜中のカーボーイ」
恥ずかしながら、この映画と予備知識が無い状態で、有名な映画らしいという、ただそれだけで、なにげにNHK-BSの深夜に放送されていたのを見ました。
見終わった後に、主役の田舎から出て来たカウボーイ男(ジョン・ヴォイト)が、アンジェリーナ・ジョリーのお父さんだったことを知り、うわぁ!そう言われれば確かに、ちょっとした表情(困った時の目元)とか、似てる@@ と驚いた次第・・・。今も彼はちょこちょこ色々な映画に出ているものの、結構なお年なので、こんな若い時の姿を初見して感慨深いというか、なんというか・・・。

で、映画はというと、とても面白かったです!
1969年だなんて、40年も前の映画なのに、今見ても面白いだなんて・・・。脚本も良かったし、全く飽きる処も無くテンポも良く、社会風刺も入っていて(しかも今とあまり変わらず、今にも通ずる部分があって)やっぱり時代を超えて残る作品なんだなぁ~って思いました。4つ★
主役の2人も、すごく役に合っていて、ダスティンホフマンは若い頃から演技が上手かったんだなぁ~。

今も昔も大都会で、夢や期待を膨らませる若者は多いけれど、そうは上手く行かないもんですよね・・。色々な嗜好の人達が自由に暮らせたり、スノッブな人たちには楽しく暮らせる反面、お金の無い人には厳しい場所。

時々耳にするあの曲「Harry Nilsson - Everybody's Talkin'」は、この映画の主題歌だったんですね。
カントリーファッションに身を包んだオッサンが歌ってるんだろうと思っていたら、YOU-TUBE見てビックリこちら 若くて小綺麗な兄ちゃんが歌ってたんですね。

(内容・あらすじ)テキサスから長距離バスに乗ってNYに出て来たジョーは、都会の底辺で辛うじて生きている足がびっこのイタリア移民のリコと出会い・・・。

真夜中のカーボーイ (1969/米) Midnight Cowboy
監督 ジョン・シュレシンジャー 脚本 ウォルド・ソルト
出演 ダスティン・ホフマン / ジョン・ヴォイト / ブレンダ・ヴァッカロ / シルヴィア・マイルズ
・・・・・・・・・・・・・・・・
「帰郷」
00
前日に放映されていた「真夜中のカーボーイ」が良かったので、次の日の「帰郷」も見てみました。
「真夜中のカーボーイ」の9年後の映画ですね。
いやぁ・・・なんというか、この時代を凄く感じた映画だったというか・・・
後ろで流れるビートルズやら、ローリングストーンズ、サイモン&ガーファンクルなどのヒット曲に載せて、ベトナム戦争、女性の自立?、ヒッピーなど当時のアメリカの世相や問題を折り込んだ内容。3つ★

なんでも、この映画はベトナム戦争に対して正面から抗議した、初めてのメジャー映画だったとか・・。知らなかったです。私は「ディアハンター」とか、暫く後になりますが「7月4日に生まれて」は両方見た事がありましたが・・。その2つはそれぞれ、とても印象に残る映画で、特に「7月4日に生まれて」は、かなりガツーンと来た映画でした。その2つを既に先に見ちゃっていたので、今になって「帰郷」を見たところで、やっぱり衝撃は薄くなってしまうのは、やむを得ないですよね・・。
ジェーン・フォンダは、実生活でも反戦運動の活動家だった事でも有名ですね。最初のお釜みたいなヘアスタイルとか妙だったけれど、だんだん生き生きし、後半のふわふわヘアへと、見違える様に綺麗にと変身してました。

ジョン・ヴォイトって、アメリカ人女性から見て、誰もがカッコイイと思う顔立ちなんですね?本作でも、卒業アルバムを見て、それを感じさせられるセリフがあったけど・・・。私から見ると普通で、特に・・・なんだけど(^^ゞ

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
ラスト、あの旦那が全裸で海に泳いで行きましたね。あれは死ぬつもりだと私は思いましたが・・・。
戦争で傷付き、車椅子になってしまった男は、彼女と出会い恋愛関係になり、元気になったけれど、彼女の夫は傷付いて戦争から戻ったらば妻には他に男がいた・・という、ダブルショックですよね・・・。なんかあの夫が可哀想になってしまいました・・・
以上

「帰郷」 (1978/米) Coming Home
監督 ハル・アシュビー
出演 ジェーン・フォンダ / ジョン・ヴォイト / ブルース・ダーン / ロバート・キャラダイン
【2011/02/23 13:10】  コメント(8) | トラックバック(4) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「ノルウェイの森」感想 | ホーム | 「BECK」「ソラニン」感想>>
コメント

え~っと、ジョン・ヴォイトがカッコいいかは別にしてw
あ、いや別にしなくてもいいのですが、
ジョン・ヴォイトの若い頃の顔は
この映画であまり印象に残ってなかったりしますw
あ、「真夜中のカーボーイ」は未見です。
良さそうですね^^
miyu  【 編集】  URL |   2011/02/23 13:35   |  TOP ▲ |


『真夜中のカーボーイ』を見ると、大都会の冷たい現実を初めて知ったあの若い頃をふと思い出しましたよ。
あの辛さと淋しさはいつの時代も変わらないんですね。

ちなみにジョン・ヴォイドとアンジーは一時期かなり仲がよろしくない親娘だったんですよ。
詳しくはウキペディアなどで。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2011/02/23 18:25   |  TOP ▲ |


【真夜中のカウボーイ】も【帰郷】も
【7月4日に生まれて】も【ディアハンター】も
全部見てないです(;´Д`A ```
ディアハンターの主題歌は好きですが(笑)
【7月4日~】 そんなに良かったんですね!
機会があったら見てみようっと!

ジョン・ボイドとアンジョリーナは
映画でも父娘役で出てる作品あるんですよね~。
なんだったか忘れちゃった(´・ω・`;A) アセアセ
【トゥーム・レイダー】だったかな(見てないけど)
アンジョリーナがジョン・ボイドの娘だって分かったのは
【ジーア】見たときかな?
そん時は信じられなかったよ!
それくらいジョン・ボイドの顔嫌いwww
チャンプ見たときは感動したけど・・・

基本カウボーイものって好きじゃないから
【真夜中のカウボーイ】なんてタイトルからして見る気
全然なくて知識も何も無かったけど
ダスティン・ホフマンも出てるんだ~!
あらすじも読んでみて、なんだか面白そう!
私も見てみよう!!

Everybody's Talkin'って曲もよく聞くけど
私もlatifaさんと全く同じような人が
歌ってるって想像してた(笑)
でも全然違ってビックリでした~~∑(*゚ェ゚*)
めぐ  【 編集】  URL |   2011/02/24 00:14   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは!
ジョン・ヴォイト、家の母(結構なお年)は、可愛い顔してたーと言ってました^^

> ジョン・ヴォイトの若い頃の顔は
> この映画であまり印象に残ってなかったりしますw
そうそう。こちらの「帰郷」では、なんというか・・・70年代後半のアメリカのウエストコーストな感じで(イメージでいうと、ホテルカリフォルニアの頃のイーグルスみたいな風貌というか(^^ゞ)、可愛いとかカッコイイとかって感じはあまりしませんでした。

「真夜中のカーボーイ」は、今見ても面白い映画でした~。
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/25 09:26   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
あの回想シーン、確かに解りにくいな、、と私も思いました。
特に解らないままなのが、裸であの2人それぞれが大勢の大人やらに捕まって泣き叫んでいるのは、どうしたんだろう?とか・・・。

> 大都会の冷たい現実
最初の方で、道に倒れている人を、誰も声もかけずに通り過ぎてゆく・・・というシーンがありましたね。

> ちなみにジョン・ヴォイドとアンジーは一時期かなり仲がよろしくない親娘だったんですよ。
はい^^ アンジーが父と絶縁していて、どうのこうの~というのは知っていたんですが、肝心の父親について、ビジュアル的にしっかり把握出来て無くて・・・。「チャンプ」の俳優さんだっていうのは知ってたんですが、なにせ見たのが大昔で(^^ゞ じいちゃんになってからは、普通のじいちゃんなので、これまた印象に残らず・・・。今回初めてちゃんとインプット出来ました^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/25 09:31   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは!
あら~~4つとも未見ですか^^ すんごい一杯映画見ているめぐさんなのにね。でも3つは戦争がらみだから、戦争ものとかあまりお好きじゃないめぐさんには、あまり手が伸びなかったのかもしれないですね。
でも、真夜中~は、戦争ものじゃないから大丈夫かも^^

> ディアハンターの主題歌は好きですが(笑)
爆笑! そうだね。あのギターの曲は今でも時々耳にする名曲ですね♪

> 【7月4日~】 そんなに良かったんですね!
いやぁ・・・なにせ、見たのが20年くらい前だから、、今見たらどう思うか解らない(無責任!)
それに、たしか、めぐさん、トム・クルーズが苦手でしたよね? 私もそれ見る前は、トップガンとかの印象で、にやけた小柄な2枚目って思ってたんだけど、演技派だったんだな~って風に少し見直した作品なんだ。

> ジョン・ボイドとアンジョリーナは
> 映画でも父娘役で出てる作品あるんですよね~。
> 【トゥーム・レイダー】
そうそう、確か2だっけ?? 私もTVで放送した時に以前チェックして、ふ~ん、、って思ったんだけど、よくあるナイスミドルなおじさまだったので、特に印象に残らなかったの。
【ジーア】って映画は未見だわ~。チャンプは大昔に見て、涙腺が壊れた事は覚えてるんだけど、どんな人だったのか?は、もう覚えてないのよー。

> 基本カウボーイものって好きじゃないから
> 【真夜中のカウボーイ】なんてタイトルからして見る気
同じー!カウボーイのファッションからしてソソられないし。私も全く見る気がなかったんだけど、軽い気持ちで見てみたら、予想外に良かったの。カウボーイファッションはしてるけど、それは逆にダサくて今時このファッションってコスプレか?って風な扱いに描かれていたよ。

> Everybody's Talkin'
わー!動画見てくれたのね?同じ風に思われていて、驚いてくれて、凄く嬉しいな~(^○^)ありがとうー♪
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/25 09:41   |  TOP ▲ |


【ジ-ア】見てないんですか?!
これは必見です!
実在したモデルさんの話で
とてもショッキングですよ。
これはアンジョリーナの方が出てる作品ね
(これでジョン・ボイドの娘だってわかったんです)
絶対絶対見て~~!!
めぐ  【 編集】  URL |   2011/02/25 15:45   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは!
いやぁ~全然知らなかったです。
さきほど検索してみて、次回GEOなどでレンタルするとき、一緒に借りてみようとチェックしました♪
情報ありがとう(^○^)
latifa  【 編集】  URL |   2011/02/26 13:39   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/982-a5da9e4c

帰郷
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2011/02/23 13:30)
 コチラの「帰郷」もKaz.さんのご紹介で、観てみた映画です。  1978年のアカデミー賞では、ジェーン・フォンダが主演女優を、ジョン・ヴォイトが主演男優を、そして脚本の主要3部 ...


『真夜中のカーボーイ』
こねたみっくす (2011/02/23 18:26)
夢を描いて大都会に新天地を求めてやってきた若者が直面する冷たい現実。それがたまらなく切ない。 今なおアメリカ映画の最高傑作の1本に挙げられる方も大勢いる、このアメリカ ...


真夜中のカーボーイ
ダイターンクラッシュ!! (2011/05/16 02:24)
2010年6月18日(金) 録画再生(BS h 6月14日15:00放送) 真夜中のカーボーイ (2枚組特別編) [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンメディア: DVD 1970年頃のアメリカン・ニューシネマの1本。何故か少年の頃にテレビの吹替


「世界名作映画」ベスト10アメリカン・ニューシネマ篇
シネマ・ワンダーランド (2013/04/07 12:28)
アメリカン・ニューシネマのベスト10は下記の通り。米ニューシネマとは、1960年代後半から70年代にかけて製作された作品で、従来のハリウッド映画とは異なり、アンチ・ヒー...


| ホームTOP ▲ |